高見清史 Kiyoshi Takami

アートディレクター/グラフィックデザイナー
1974年、京都生まれ。神戸市外国語大学国際関係学科卒業。
ロンドンに留学し、Central Saint MartinsのGraphic Design Portfolio Courseにてデザインを学ぶ。
帰国後、数社のデザイン事務所を経て、中島デザイン(AD:中島英樹氏)に4年間在籍し2006年独立。
2013年より2年間のベルリン滞在を経て、現在、東京を拠点に活動中。
主な実績に、森美術館「塩田千春展 魂がふるえる」(2019)、KAAT神奈川芸術劇場「さわひらき 潜像の語り手」(2018)、KAAT神奈川芸術劇場広報誌「ANGLE」(2018-)、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ 日本館(2015)など。

〒186-0003
東京都国立市富士見台3-25-11-302
tel: 042-505-9741
fax: 042-505-9742
pj.ev1669567529obamo1669567529rfwei1669567529v@ofn1669567529i1669567529

1974 Born in Kyoto, Japan.
1997 Studied at Central Saint Martins, Graphic Design Portfolio Course in London, UK.
1999 Graduated from Kobe City University of Foreign Studies, Department of International Relations.
1999-2001 Worked at several design companies as a graphic designer.
2001-2005 Worked at Hideki Nakajima’s Design office as a graphic designer.
Working as a freelance art director / graphic designer since 2006 in Tokyo, Japan.
From 2013 to 2015, lived and worked in Berlin, Germany, designing for various international projects there.

Internet Explorerでの閲覧は非対応となっております。

お手数ですが、
Microsoft EdgeGoogle ChromeFirefoxなど
他のブラウザにてご利用ください。